安全はすべてに優先する:株式会社野崎クレーン
Home ご利用案内 事業内容 会社案内 パートナー お問い合せ
Location
ホーム 運輸マネジメント



運輸マネジメントについて  


 
平成18年度10月に運輸安全マネジメントの導入に伴う自動車運送事業関係法(道路運送法及び貨物自動車運送事業法)の一部を
改正する法律が施行させました。
これに伴い、すべての運送事業者は、経営トップから現場のドライバーに至るまで輸送の安全が最も重要であることを自覚し、
運輸安全マネジメントによりこれまでよりも更に、絶えず輸送の安全性向上に努めなくてはなりません。
株式会社野アクレーンとしても、
輸送安全の確保と向上を継続的に行うことにより、高安全・高品質な物流サービスをお客様にご提供いたします。


1.輸送の安全に関する基本的な方針

株式会社野アクレーンは、『
安全はすべてに優先する』という安全確保に関する基本理念に基づき、経営トップが主導的な役割を果たし、全社員一丸となって以下の取り組みを行ってまいります。


1. 全従業員に対して、輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させ、その実現のため経営トップが主導的な役割を
果たし、全従業員が一丸となって取組み、絶えず安全性の向上を図ります 。

2. プロドライバーとしての自覚を高め悪質運転(酒酔い運転、酒気帯び運転、過労運転、薬物等使 用運転、無免許・無資格運転、
過積載運行、最高速度違反、救護義務違反)を絶対させない。

3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置は又は予防措置を講じます。

4. 輸送の安全に関する教育及び研修の具体的計画を策定し、これを実施します。

5. 積荷の丁寧な扱い(荷崩れしない固縛)、時間の遵守及び集配時におけるマナーの向上に努めます。

6. 乗務員は日常点検の確実な実施を行い、運行の安全確保に努めす。

7. 輸送の安全に関する情報について、積極的に公表します。

2.輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

 輸送の安全に関する目標(平成28年度)  前年度目標(平成27年度)の達成状況  
 ・死亡事故・重大事故ゼロの達成 ・死亡事故・重大事故  0件  達成
 ・人身事故ゼロの達成 ・人身事故  0件  達成
3.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

平成28年4月1日〜平成29年3月31日の間
平成28年度において、自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0件
輸送の安全確保命令、自動車その他の輸送施設の使用停止処分、事業改善命令、事業停止処分はありませんでした。

 
 
 
 
 


このページの先頭へ
このサイトに関してのご意見をお待ちしております。「お問い合せ」まで
Copyright(C) 2010 nozakicrane All Rights Reserved.